飯舘村のカタクリ(モノクロだけど)

 カラーだと分解されるものでもモノクロにしてしまうと分解されなくなってしまい,グレーの中に埋もれて何を撮ったのかわからなくなってしまう. それは十分承知しているのだけれど,それでも撮るのは,そこに自分がいたから. だから自分の写真は,例えばアートと呼ばれる様なものでは全くなくて,強いていうならばGPSロガーの様なものなのです.
“飯舘村のカタクリ(モノクロだけど)” の続きを読む

現像失敗しましたよ

 ちょっと別のことに気を取られていて,長時間現像みたいになってしまい,結果として現像ムラとなってしまいました. 残念.(>_<)

 写真は南相馬市小高区の村上海水浴場. 塚原行政区の区長さんに案内して頂いた時のもの.

2015年春@南相馬市小高区にて

 先週の土日に妻とのんびりと小高に行ってきました. 土曜日の午前中はいつもの「いもこじ会」に参加した後で,デザイナの友人と一緒に改めて6号,それから浪江を案内してもらいました. 請戸はずいぶんきれいになったのかなと思っていたけれど,残念ながら進みは期待したほどでは無かったです. 震災直後と同じとまでは言いませんが,まだ津波に潰された車や船がところどころに残されているエリアもありました.(もちろん以前うかがった時よりはそのエリアは狭まってはいると思います)
“2015年春@南相馬市小高区にて” の続きを読む

静止現像

2015MAR24_2_ULT28D32_004

 未現像のフィルムを16本も溜めてしまって,これを一気に解決すべく「静止現像」とやらにトライしてみた. なんといってもタンクに張り付いて1分毎に倒立撹拌をしなくても良く,1時間も放っておけば良いので楽だと思ったからで,実際16本のフィルムは2日であっけなく処理できた.
“静止現像” の続きを読む

2013年夏 / 飯舘村

 怒涛のフィルム現像16本が終わったついでに古いネガを少し整理したら,2013年夏の飯舘村の写真が出てきた.

 当時はまだ「ふくしま再生の会」の活動には参加していなかったので,東北道から南相馬市小高区へ向かうための通り道だったのだけれど,全村避難となっていることは知っていたし様子が気になって,東北道へ戻る時に少しだけ遠回りをして,ちょっとだけ写真を撮ったと思う. 天気が良かった. 良い場所だった.
“2013年夏 / 飯舘村” の続きを読む

同じ街へもう10回くらい通っている

 震災後3年3ヶ月が経ち,さりとて自分に何かが出来るわけでもなく,そもそもが一人で右往左往するしかない様な生き様を晒しているので,おおよそ「役に立つ」等といった事が出来るはずもないのであった. 実感として,人間は大勢で協力しあうことで,ようやく何事かをなし得るのでは無いかと思ったりする.
“同じ街へもう10回くらい通っている” の続きを読む

いつかフィルムで撮れなくなる日が来るんだろうか

 自分の思い込みなのかも知れないし,実際にプリントされたものを見比べさせられてフィルムかデジタルか当てろと言われた時に,果たして100%当てる事ができるか?と思えば極めて心許ないのではあるけれど,やっぱりデジタルの写真とフィルムの写真はどこかが異なる様に感じる.

 特に解像感では,デジタルに圧倒的な分があるので,どうしても「フィルムの曖昧さが良いんだ」なんて言ってしまいそうになるんだけれど,ではその曖昧さを感じる原因は何なのだろうか. デジタルはドットが四角だけど,銀塩は丸いとかそういうことだろうか? いや,デジタルのドットが四角く見えるはずが無いではないか.(笑)

ヘクトール

 このブログへいらっしゃる方ならご存知の通りだけど,ヘクトールというのはライカの古いレンズ(詳しいサイトはいろいろとあるので適宜検索してください)で,結構高価なのですが,とある縁があってブツブツ交換の様な形で譲って頂いて一時期使っていた.

 ただ,この使っていた時期が,フィルム現像どころか写真を撮る時間さえ満足に取れなかった時期と重なっていたために,デジタルで撮ったものばかりを見ていた. で,結局どうもあまり好みではない気がしたのでヘクトールは手放し,やっぱりブツブツ交換の様な形でULTRON 28mm を入手した.
“ヘクトール” の続きを読む

iMacのメモリを増設したら快適

 ずっと買ったままのiMacで仕事をしていて,メモリは4GBのままだった. 自分の仕事の殆どはサーバ上のプログラム開発なので,パソコン側ではブラウザとメールと,EmacsとTransmit(FTP系のソフト)が動作すれば良いので,それほどローカルのPCにパフォーマンスを要求するわけではない.
“iMacのメモリを増設したら快適” の続きを読む