いつかフィルムで撮れなくなる日が来るんだろうか

 自分の思い込みなのかも知れないし,実際にプリントされたものを見比べさせられてフィルムかデジタルか当てろと言われた時に,果たして100%当てる事ができるか?と思えば極めて心許ないのではあるけれど,やっぱりデジタルの写真とフィルムの写真はどこかが異なる様に感じる.

 特に解像感では,デジタルに圧倒的な分があるので,どうしても「フィルムの曖昧さが良いんだ」なんて言ってしまいそうになるんだけれど,ではその曖昧さを感じる原因は何なのだろうか. デジタルはドットが四角だけど,銀塩は丸いとかそういうことだろうか? いや,デジタルのドットが四角く見えるはずが無いではないか.(笑)

雪の翌日

今年の冬は二度,大雪が降った. それでも東京は暖かいので,翌日には少しずつ解け始め,なんとか一日ちょこちょこやれば家の前の雪かきくらいはカッコつける事ができた.

これはそれでも数日は経ってからの写真だと思う. いつもの川沿いも雪が積もると少し様子が違っていた.

デジタルで撮った雪中行軍の記録はこちらから.

ヘクトール

 このブログへいらっしゃる方ならご存知の通りだけど,ヘクトールというのはライカの古いレンズ(詳しいサイトはいろいろとあるので適宜検索してください)で,結構高価なのですが,とある縁があってブツブツ交換の様な形で譲って頂いて一時期使っていた.

 ただ,この使っていた時期が,フィルム現像どころか写真を撮る時間さえ満足に取れなかった時期と重なっていたために,デジタルで撮ったものばかりを見ていた. で,結局どうもあまり好みではない気がしたのでヘクトールは手放し,やっぱりブツブツ交換の様な形でULTRON 28mm を入手した.
“ヘクトール” の続きを読む

未現像のフィルムはあと14本

 フィルム現像はリールに巻いてタンクに収めるまでが大変(というか面倒)で,そこまでやってしまえば後はすぐだぜ!と思っていたが,実際にはそんなことは全然なくて,タンクに収められたまま2日経過したフィルムが10本(タンク3本)暗所に保管されたままになっている.
“未現像のフィルムはあと14本” の続きを読む