明日は久しぶりに暗室へ行くつもり
2010.05.28

夕刻の写真に関する試行錯誤は続いているのだが,スキャンだとやはりどうも判らないのでとりあえず暗室に行ってみる事にした.(ギリギリのタイミングなんで大丈夫かどうか判らないけど) このところ撮り貯めている幾つかのネガのベタを取って,それからできれば幾つかはプリントしてみたいと思う.

はっ!そうだ,現像待ちのネガが何本かあったので,出来ればそれも現像して持っていきたい・・・うわーこれからネガ現かぁ.

そういえば,自分で時々思うのだけど,いわゆる「対象物(物理的な)」が自分の写真には無いなぁということ. 全体をボンヤリと見ている様な写真ばかりな気がする. 時々(無理して)何か対象物を撮った様な写真もあるんだけれど,なんだかとってつけたような印象.

これって,自分が街を歩いている時の視線の置き場とか視野の扱い方に似てる気がする. つまり,目が悪い訳でもないのに全体をボンヤリとしか見ていない. もちろん自覚はあって,自己防衛なのですね. よく見ると言う事は同時に見知らぬ他人と目が合う確率が上がるんだけど,どうも自分は目つきが悪いらしく(ここは自覚無し)結構な確率でそれなりに悲しい事態に発展してしまう. もういい歳なので(50歳前!),さすがに大丈夫だろうと思って,最近は少しだけ見るようにしてるんだけど,それでも結構ボンヤリと見ながら歩いている. 結果,気を引かれて「おっ,写真撮ろうかな?」と思う対象は「モノ」ではなくて「全体」になってしまう. が,もちろん写真はフレームで切られてしまうので,実は全体は写っていなくて,そうして「何を撮ったんだか良く判らない,なんだかボンヤリとした写真」が,また一枚撮られる・・・という仕組みなんじゃないかと.

とにかく,「光が綺麗な」写真を撮りたい.そして自分にとって綺麗な光とはきっと人工の光なんだろうと思う. そこに少しだけ「人の気配」があれば良いな,と思う.

モノクロで撮る理由は(自分にとっては)明解で,時間帯を夜に持ってきているのにも確固たる理由が実はある.(以前にどこかに書いたかも知れないけど)

あとは「何故フィルムで撮るのか?」という問いにどう答えるか? そして,それはロジカルか? というのが現時点での課題. 何度かデジタルでも撮ってみてはいるんだけど,全然ワクワクしない. もっともそれは例の「プロセスが楽しい」問題を排除しきれていないせいで,最終アウトプットのみに的を絞った時に「何故フィルムか?」という問いにどう答えるのか?

一度デジカメの背面液晶をOFFにして,光学ファインダーだけで撮りまくってみると,案外何か答えが見えてくるのかもしれないとも思う.

Tags:,


« | »